ドローン操縦士が注目されている!初めてのドローン講習でも安心して利用するための基本情報を詳しく紹介します

ドローン操縦士の資格を得るためには、ドローン講習をする必要があるのです。
これから必要となってくる幅は広く、物流や農業・空撮など様々な業界に使用されることが予想されます。
2022年にはドローンの国家資格制度がスタートし、ますますこれからが楽しみな仕事となりました。
どのような今からが楽しみなドローンですが、取得するためにはどうしたら良いのかを紹介していきます。
国土交通省がデータがあるために、資格の要項も明確になっているのです。

ドローン操縦士が注目されている!初めてのドローン講習でも安心して利用するための基本情報を詳しく紹介します

ドローンの資格を得るための必要なドローン講習は、規制や飛行禁止区域での飛行も可能とするのです。
ルールを破ると、最大1年の懲役・又は50万円の罰金が科せられることもあります。
そのために国土交通省が設けている講習を受講することにより、初めてドローンを操作する人でも安心してドローン講習が可能なのです。
例を言うならば「DPA設定資格」という、一般社団法人ドローン操縦士境界が発行している資格があります。
受講料は200万円で、なかなかのお値段といえるでしょう。

ドローン講習の人気がかなり高くなっている

ドローン講習の人気がかなり高くなっている現状があります。
よほどお金持ちで時間的にも余裕のある趣味人が増えているのだなと思った人は、自分が時代についていけているか今一度自戒したほうが良いかもしれません。
そういう人も中にはいるのかもしれませんが、ドローン講習を受ける人が増えているのは、今後産業界での利用が大きく広がる可能性があることに気づいたからであり、またそのようになるとドローンの操縦ができる人は引っ張りだこになることが十分に考えられるからです。
どんな産業なのかというのは、もちろんいろいろと考えられてはいますが、そもそも全くと言ってよいほど新しい存在ですから、思ってもいなかったような使われ方をすることも予想され、未知の分野ということさえできます。
例えば農業での種まきとか農薬散布、ダムとかトンネル・橋梁などの点検、宅配なども含む物品の配送、報道や商業あるいは警備目的などでの空中撮影のように、多数が予想されています。

ドローン講習を受けて仕事に活かそう

現状で、ドローン講習を受けてもそれが直ちに仕事に結びつくという人は少数派かもしれません。
どちらかというとまだまだ趣味の世界、一部の何か変わった人だけがやっていると感じている人も多いでしょう。
ですが、これは今後産業界で様々な活用が予想されており、そのためにドローン講習には人気があって受ける人は増えています。
単純には、空中撮影が挙げられます。
ドローンは空中を飛ぶとともに、その場で静止させることもできますので空撮目的には向いています。
もちろん趣味の撮影もありますが、報道・警備・広告作成などの産業でも活用されることが考えられます。
空撮は別に地上だけの撮影ではありません。
その場で横や上に見えるものを見ても構わないわけで、報道や広告作成など同じような目的もありますが、例えば高層ビル・ダム・トンネル・鉄橋といった大型の建築物で人が容易には近づけないような場所であっても点検作業をすることができたりします。

ドローン講習で認定資格が取得できる

現在、ドローンに関する民間団体の複数が認定制度を設けて、飛行に必要な知識や技能が有る者の認定を行っています。
この認定資格は、制度を運営する団体が主催、もしくはその団体が認定しているスクールで実施しているドローン講習を修了すれば取得することが可能です。
ドローン講習では、座学による学科講習と、実機やシミュレーターをつかった実技講習をそれぞれ1~2日程度かけて行い、最終日に修了試験を行って認定するかどうかを決めます。
スクールによっては実技講習のみのコースも用意されており、こちらを選択した場合は学科講習の範囲の勉強は自分でテキストを手に入れて行うことになります。
スクールのスタッフは丁寧に指導してくれるので、ほとんどの人が修了試験を一発合格していますが、万が一不合格となってしまった場合は補習と再試験が行われます。
認定資格については政府もその価値を認めており、ドローンの飛行許可を申請するときの技能証明に利用することができます。
自らドローンを操縦して何かしたいことがある場合は、最寄りのドローンスクールで講習を受けましょう。

ドローン講習の説明会や体験会に参加しよう

ドローンのニーズが増しているので、ドローン講習を受けて高い技術を身につけようと考えている方が多くいると思われます。
農業や建設業、運送業で活用されており、これから市場規模がどんどん大きくなっていくことが予想されているので、ドローンが使えるようになれば自分の武器になるはずです。
ドローン講習が受けられるところが多くありますが、説明会や体験会に参加することをおすすめします。
実際の講習の様子を見学したり、詳しいカリキュラムの情報をスタッフから説明してもらえるため、しっかり情報収集してから決めたい方にピッタリです。
また、体験会であれば講習で使用される機体を操縦できます。
説明会や体験会では、気になることや分からないことがあれば、講師や他のスタッフに質問することが可能です。
ドローン講習であればどこを利用してもいいわけではなく、よく比較してクオリティの高いところを選ぶことは重要です。
使える情報は積極的に活用してみてください。

ドローン講習に関する情報サイト
ドローン講習で資格を取ろう!

ドローン操縦士の資格を得るためには、ドローン講習をする必要があるのです。これから必要となってくる幅は広く、物流や農業・空撮など様々な業界に使用されることが予想されます。2022年にはドローンの国家資格制度がスタートし、ますますこれからが楽しみな仕事となりました。どのような今からが楽しみなドローンですが、取得するためにはどうしたら良いのかを紹介していきます。国土交通省がデータがあるために、資格の要項も明確になっているのです。

Search